[1]   2   3   4   5   >>   
2018年02月14日(水)

春に抜毛が増えるのはなぜ?

50代60代でも遅くない、天使の輪がピカッ!!

 

動物の毛の抜け代わりと同じ様に、人間も秋には抜け毛が増えるといわれていますが、

花粉の季節にも抜け毛や頭皮のトラブルが増えるのはあまり知られていません。

 

鼻炎の人は花粉を落とす為に毎日シャンプーがかかせない状況ではありますが、

頭皮の皮脂バランスが崩れることで、痒みや抜け毛の原因になります。

アンティエイジングで、一番年齢をごまかせないのが手や首の皮膚と同じくらい髪の毛は

美しい人の象徴です!!

1日、100本程度の抜け毛は大丈夫といわれても合わせ鏡で、つむじの辺りが薄くなっていないか念入りにチェックしたくなりますね。

 

そもそも鼻炎の原因は、脳が感じるストレスが大きく関わる事が判明しています。

自律神経の乱れで、ストレス性の円形脱毛症が現れやすいのもこの季節です。

 

頭皮が乾燥して、毛先までパサパサしている髪は、年齢を一番感じさせます。

そんなときの毛髪レスキューの方法を伝授します!

 

 

<使用するフランシラ製品>

①ハーバルビューティスカルプエッセンス

②ハーバルビューティトリートメント

 (ピートエキス:200種類以上の植物を含む森の泥)

③ハーバルビューティシャンプー

 (ピートエキス:200種類以上の植物を含む森の泥)

④フランシラハーバルコンディショニング

⑤フランシラピートトリートメント

 

製品詳細はこちらから!

http://www.frantsila.jp/productline/Introduction05/

 

 

<準備するもの>

使い捨てのビニール手袋

使い捨てのビニールシャワーキャップ、またはサランラップ

加温噐、(加温噐とビニールキャップはアマゾンで購入)

 

 

★始まる前に、ホコリや抜け毛を取る為によくブラッシングを行います。

1STEP 

 シャンプー前のかわいている頭皮に①スカルプエッセンスのオイルを塗布して簡単に

 ヘッドマッサージ

 

2 STEP

毛髪全体に②のチューブトリートメントに①のオイルをまぜて、毛先まで塗布します。

 

3 STEP

さらに、念入りなお手入れをしたい時には、⑤のピートパックを毛髪全体に塗布します。

 

使い捨てのシャワーキャップを被ります。

無い場合にはサランラップで代用。

 

※加温噐で15分程度あたためてから入浴します。

加温器がない場合には、入浴の時間を長めにして下さい。

 

4 STEP

③のシャンプーしてからよく洗い流します。

 

5 STEP

④のコンディショニングリンスを低温で洗い流して毛髪のキューティクルを締めます。

 

よくタオルドライしてドライヤーで乾かしてから、ブラッシングします。

①のスカルプエッセンスオイル1滴を手の平でよく温めて毛髪に軽くなじませます。

 

せめて、後ろ姿だけでも若く見られたい人、ぜひお試し下さい!!

髪の毛を切っても何も気づかない夫が、後ろから眺めていて「髪の毛綺麗だね!」とほめられてびっくり!!

 

2018/02/14 16:51 | 未分類

2018年01月24日(水)

NEW!フランシラのナチュラルR CCクリーム新発売!

何年か越しで待っていた、フランシラのファンデーションがバーションアップして

登場!

 

眠れる森の美女シリーズで、そのまま眠ってしまっても肌に負担をかけないファンデーションとしてリリースしたのは10年程前。根強いファンがいるファンデーションが

リニューアルしました。

 

ナチュラルR CCクリーム 7,500円(税別)30ml

発売は2018年2月21日(水) 新宿伊勢丹 先行発売

 

 

 

今までのフランシラにはない香りが癖になりそうです!

ふわ〜と漂うのは、ローズウッド&ゼラニウム&ベルガモット&クローブのコンビネーション。特にローズウッドの甘く優しい香りの中にも、熱帯雨林の中でたくましく

生き抜いている芯の強さを感じさせます。日常の中で気を使いすぎて疲れている人を

精神的にフォローアップしてくれる精油です。

 

ベースは保湿力の高い白樺の葉やシアバター、ホホバなどに土の色を調合しています。コクがあるので、カバー力もあり、ベージュピンクの透明感のある肌に仕上がります!

 

<フラワーエッセンス>・・・感情面のケア

フランシラ製品の特徴でもある、全人的なケアはフラワーエッセンスが必須。

ワイルドローズ・ホワイトウオーターリリー・ゼラニウム・コモンバイオレット

がCCクリームに含まれています。

 

●ワールドローズ  愛に満たされたい・・・ 現実から逃避したい気分・・・

●ホワイトウオーターリリー  自分に満足が出来ない・・・

●ゼラニウム  基本はまじめ・・・殻からでられない

●コモンバイオレット  派手に見えても根は内気・・・ 

 

偶然にも4つとも日本人が良く選ぶフラワーカードです!

入荷が待ち遠しいですね・・・・

2018/01/24 10:29 | 未分類

2017年11月10日(金)

フィンランドのホスピスケア

2年ぶりにヘルシンキにあるホスピス(Terhokoti)を訪問しました。

 

フィンランドには、人口が密集している南エリアに4カ所のホスピスがあります。

 

●1988年開設 ヘルシンキ Terhokoti

●1988年開設 タンペレ  Pirkanmaan Hoitokoti

●1994年開設 トゥルク  Karinakoti

●2002年開設 コイビッコ Hameenlinnna

 

医学がもはや多くの日々を与えられないのであれば、ホスピスがより多く、毎日のいのちを与えよう。これがホスピスの使命だから・・・・

 

                                                             by Dame Cicely saunders

 

 

ダライラマ氏も訪問!

 

訪問や視察をするたびに、日本は遅れているな・・・と感じてしまいます。

今回もフランシラを卒業した看護師カリタがナビゲート役です。


 

カリタが話した事で一番印象に残ったのが、「どんなときにもHOPE !」

希望を持って生きるという言葉でした。

なんと、ホスピスの中で独身者を集めてのパーティを開催しているそうです。

ホスピスに入所してから結婚式を挙げるカップルも多く、空が見えるガラスドームに

緑があふれるお部屋に牧師さんが来るそうです。

 

 

ホスピスのDayサービスも素晴らしいと思いました。

日本では、病院から在宅へ(訪問看護などを受けながら緩和ケアへの空き待ち予約を

します)入院は希望通りにはいかないのが現状です。

フィンランドのホスピスは、在宅とホスピスの中間をつなぐDAYケアサービスがあります。毎日、6名くらいの同じ病気を持つ患者さん(ALSやがんの患者さん)同士が

ドクターや看護師と気軽に話をしてサウナに入り、アロマのマッサージを受けたり情報交換を行っています。

 

ベットごと中に入れるサウナ!

 

ホスピスに訪問看護ステーションが併設しているのも特徴です。

ステーションの壁一面にたくさんの患者様とのツーショットが飾られていて

とてもオープンな様子です。

訪問地域を聞いて驚きました! フィンランドの人口が少ない(540万人程度)は

知っていましたが、日本では訪問範囲は電動自転車で4km程度です。

フィンランドは一番遠いところで50kmです。しかも4人のスタッフ2交代で、朝から

夜まで、週1〜2階訪問。1ヶ月100名を受け持っています。

交通費は実費をいただくようです。

 

ご利用者さんとの笑顔いっぱいのツーショット!

 

アロマセラピーや人とのコミュニケーション、ふれあいはどんな痛み止めよりも

効きます!と明言していました。

日本のフランシラ訪問看護ステーションにも積極的にフィンランド式ケアを

導入したいと心から思いました!

 

2017/11/10 11:45 | 未分類

2017年11月10日(金)

フランシラぼらんてぃあグループ

フランシラの卒業生、在校生25名が参加する「フランシラぼらんてぃあグループ」を

作り、活動を開始しました!

 

2017年11月3日(金)に、恵比寿にある厚生中央病院でキャンサーリボンズが主催する「がんと暮らしフェアー」にハンドアロマセラピー、医療リンパドレナージの体

験を行いました。

ボランティアのメンバーは、認定リンパ浮腫セラピストとして活躍している

看護師・理学療法士・作業療法士&アロマセラピストです。

 

11月3日にハンドマッサージを受けて頂いた患者様、医療者の方(院長先生も

受けられました!)で120名ほどです。

 

 

フランシラの香りと、ボランティアスタッフの暖かい心と手に皆様、リラックスして頂けたようです!

 

この日は、山田邦子さんを中心としたスター混声合唱団コンサートもあり、

瀬川瑛子さん、黒田アーサーさん、お笑いの方、オペラ歌手の方などが参加されて

とても楽しい1日でした。

 

ハンドマッサージを受けながらの患者様の声で多かったのが、「自分の受診している病院では、こんなに話を聞いてもらえない、情報ももらえない、もっとこのような機会が増えればいいな・・・」というコメントでした。

 

フランシラのボランティスタッフと社会貢献ができるようにがんばります!

 

2017/11/10 11:42 | 未分類

2017年11月10日(金)

初雪のフィンランド!

10月25日からフィンランドに行ってきました。

今年の初雪は例年よりも早く、一晩で27センチも積もりました。まだ外気温が−3度くらいでは、みぞれ状態の雪で寒さが身にしみました。−28度くらいになると寒すぎて雪は降らない氷の世界になり、太陽の日を浴びて木々に樹氷がキラキラと光り輝く風景になります。オーロラも見えたり、寒さなど気にならなくなるほど幻想的になります。

 

フランシラ研修センターの庭にあるサウナ小屋

 

フランシラ本校で医療アロマセラピーの講義を受けました。フィンランドは西洋医療も進んでいますが、同時にアロマセラピーなどの補完療法も国家プロジェクトでも普及されているホリステックな国です。

特にがんのターミナルケアにはキュア(治療)よりもケア(生活の質)の向上が重要だと考えます。

 

医療ケアに使用する精油は、病気の種類や状態に応じて植物の化学成分を良く理解して、使用量の調整や期間の決定などに注意する必要があります。今回の講師は、20年前にフランシラを卒業したオーストリア在住のパイビ先生で、彼女はドイツの病院に勤務していた時には、精油の選定は看護師が行うけど、キャリアオイルとのブレンドなどは薬剤部が行う連携が取られていたそうです。

パイビ先生は現在、オーストリアのアロマセラピー協会会長職で多くの医療従事者

を指導しています。臨床で使用する方法などの事前アンケートを取り、それに沿った講義が行われました。

 

ヴィルピの家では、いつもテディベアーがお出迎え!

 

ヴィルピ女史の講義は、植物学と環境がテーマで、汚染されている大気のゴミなど(呼吸から吸い込む微小なダスト)の外因的な要素と皮膚から取りこまれる紫外線の影響などを防ぐハーブ類や方法など興味深い物でした。

いま、日本でも発売されているオイル美容液「ビューティRオイルセラム」がコンセプトにぴったりでした!

 

ヴィルピ女史  とにかくエネルギシュ!!

 

オイル美容液「ビューティRオイルセラム」詳細はこちら

http://shop.frantsila.jp/products/detail.php?product_id=187

2017/11/10 11:39 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   

ページトップ

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル2階 03-3444-8743