2017年07月19日(水)

アロマブーム再燃!

香りとタッチングで癒すアロマセラピー

 

アロマの香りで認知症を予防する精油が「たけしの健康エンタテイメント!みんなの家庭の医学」で紹介されてからフランシラショップの店頭でもしばらく品切れ状態になるほどの大反響でした。アロマセラピーで生活の質を向上させる試みは福祉大国、フィンランドでは国家プロジェクトとして定着しています。特にホスピスや訪問看護ステーションで成果を上げています。

 

フィンランド式ケアのコンセプトは「シームレス」

福祉と医療の先進国フィンランドでは、1970年代には日本と同様な超高齢化社会を迎え、個と社会とのつながりを重視するユニットケアやシームレスケアを定着させて高齢者ケア施設の充実を図りました。そのシステムはFWBC(フィンランド健康福祉センター)プロジェクトとして世界に普及されています。近年は高齢者ばかりではなくがんに罹患する患者数も増加している事から在宅とホスピスとの連携による緩和ケアのニーズがフィンランドでも高まっています。

 

※  シームレスケアとは・・・

シーム(線)入りストッキングのような境目を作らないケア。

 

フィンランドでは理学療法士による「運動療法」が発達しています。スポーツクラブの中に素敵なレストランや特養施設、ショートスティなどが混在して(シームレス)、通いなれた運動施設に顔なじみが増える事で、精神的な負担を感じずに自らの選択で同じ場所にある施設への入所がスムーズに行われています。

生活の質の向上を高め、その人らしく最後まで活きるためには医療者、家族、ボランティアが一体となりケアを必要とされる方を見守ります。

 

 

シームレスケアの考え方は、1991年に開設されたフィンランドの首都ヘルシンキで一番古いプライベートホスピスTERHOKOTI(テルホの家)や併設されている訪問看護ステーションでも活かされています。

ホスピスの入所室は70床。同数のボランティア(始める前に全員3ヶ月間40時間の教育が必須)、犬や猫のペットたちに囲まれてヘルスケアナースを中心にマスターナースとドクターがチーム医療を行います。セラピー犬が少ない時にはスタッフも自分の犬と一緒に出勤しています!

 

ホスピスでは、リラクゼーション中心の医療リンパドレナージや緩和アロマケアのニーズはとても高く評価され、1人の患者様に対して3回までは無料で施術が受けられます。この部分は、企業や子供のいない夫婦、ホスピス利用者の家族などの寄付によって支えられています。

4回目からは自費になりますが、多くの患者様が継続しています。アロマセラピーケアは疼痛緩和や感情のコントロールに薬よりも有効だと多くの医師からも聞きます。

 

 

ホスピスの廊下には院内の看護師のプライベートな写真がたくさん飾られていて白衣を着ていない家庭的な雰囲気を出しています。また、サウナはベッドごと入室が出来ます。髪の毛をきれいにセットして、ハンドマッサージの後には真っ赤なマニュキュアを塗るサービスで、患者様はホスピスに入院した時よりも10歳は若返る!そうです。

日本の訪問看護にもフィンランド式ケアを出来るだけ取り入れて大切な方への「生活の質の向上」を目指します。

 

フランシラ訪問看護ステーション 代表 竹内恵美

 

話題の認知症に効果がある精油(ご購入の詳細)

アロマの精油1瓶に200滴!

朝(元気になる!) 

  ローズマリー(カンファー成分21%以上を含む)+レモン

http://shop.frantsila.jp/products/detail.php?product_id=154

 

夜(穏やかになる!)

  ラベンダー(酢酸リナリル成分35%以上を含む)+オレンジ

http://shop.frantsila.jp/products/detail.php?product_id=157

 

ポイント:植物100%の天然精油を選びましょう。

効果を感じる為には植物に含まれるそれぞれの植物化学成分の含有量が目安になります。

 

手軽なロールオンタイプはフィンランドでも大人気!

次回の入荷 2017年9月入荷予定

 

アロマの精油をティシュにしみ込ませる、芳香器を使用するなど香りを拡散して脳を刺激します。キャリアオイル1%濃度でブレンドしてマッサージに使用するタッチング効果も心地良いのでおすすめです。

 

 
AD

2017/07/19 14:48 | 未分類


ページトップ

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル2階 03-3444-8743