2017年11月10日(金)

フィンランドのホスピスケア

2年ぶりにヘルシンキにあるホスピス(Terhokoti)を訪問しました。

 

フィンランドには、人口が密集している南エリアに4カ所のホスピスがあります。

 

●1988年開設 ヘルシンキ Terhokoti

●1988年開設 タンペレ  Pirkanmaan Hoitokoti

●1994年開設 トゥルク  Karinakoti

●2002年開設 コイビッコ Hameenlinnna

 

医学がもはや多くの日々を与えられないのであれば、ホスピスがより多く、毎日のいのちを与えよう。これがホスピスの使命だから・・・・

 

                                                             by Dame Cicely saunders

 

 

ダライラマ氏も訪問!

 

訪問や視察をするたびに、日本は遅れているな・・・と感じてしまいます。

今回もフランシラを卒業した看護師カリタがナビゲート役です。


 

カリタが話した事で一番印象に残ったのが、「どんなときにもHOPE !」

希望を持って生きるという言葉でした。

なんと、ホスピスの中で独身者を集めてのパーティを開催しているそうです。

ホスピスに入所してから結婚式を挙げるカップルも多く、空が見えるガラスドームに

緑があふれるお部屋に牧師さんが来るそうです。

 

 

ホスピスのDayサービスも素晴らしいと思いました。

日本では、病院から在宅へ(訪問看護などを受けながら緩和ケアへの空き待ち予約を

します)入院は希望通りにはいかないのが現状です。

フィンランドのホスピスは、在宅とホスピスの中間をつなぐDAYケアサービスがあります。毎日、6名くらいの同じ病気を持つ患者さん(ALSやがんの患者さん)同士が

ドクターや看護師と気軽に話をしてサウナに入り、アロマのマッサージを受けたり情報交換を行っています。

 

ベットごと中に入れるサウナ!

 

ホスピスに訪問看護ステーションが併設しているのも特徴です。

ステーションの壁一面にたくさんの患者様とのツーショットが飾られていて

とてもオープンな様子です。

訪問地域を聞いて驚きました! フィンランドの人口が少ない(540万人程度)は

知っていましたが、日本では訪問範囲は電動自転車で4km程度です。

フィンランドは一番遠いところで50kmです。しかも4人のスタッフ2交代で、朝から

夜まで、週1〜2階訪問。1ヶ月100名を受け持っています。

交通費は実費をいただくようです。

 

ご利用者さんとの笑顔いっぱいのツーショット!

 

アロマセラピーや人とのコミュニケーション、ふれあいはどんな痛み止めよりも

効きます!と明言していました。

日本のフランシラ訪問看護ステーションにも積極的にフィンランド式ケアを

導入したいと心から思いました!

 

2017/11/10 11:45 | 未分類


ページトップ

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル2階 03-3444-8743