About us 私たちの想い

私たちの想い

About us

私たちフランシラは、Hämeenkyröの自社農園で製品の有効成分である植物や花を栽培しています。
私たちは10世代にわたって愛と敬意をもってこの生涯の業を行ってきました。

ヴィルピ・ライパラ=コーミエは、14歳の時に自分のハーブガーデンを設立しました。

ヴィルピ・ライパラ=コーミエは、14歳の時に自分のハーブガーデンを設立しました。

1980年代初頭 農学者のVirpi Raipala-CormierとJames Cormierは、1980年代から有機農法を使ってフランシラ農園を耕作することに切り替えました。
20種類以上の野生の花やハーブが私たちの畑や庭のきれいな土壌で育ちます。

再生農業の原則を遵守することによって、土壌が年々濃縮されていることを確認するために、さまざまな方法で畑に炭素を貯蔵しています。豊かな土壌は、気候変動と闘いながら空気から二酸化炭素を吸収する活気に満ちた生態系を生み出します。

植物のパワーを最大限に引き出す
~植物の収穫から乾燥まで~

女性と白い花の写真

サンニ・サルミネン(28歳)は、フランシラのオールラウンダーだ。

彼は最初に植物療法、つまり植物医学に興味を持ち、6 年前に Frantsila の創設者である Virpi Raipala-Cormier の庭での作業試験に応募しました。次の夏、彼はすでにフランツィラで働くように頼まれていました。


ガーデニングに加えて、Sanni は Frantsila 工場で働き、エキスの製造、瓶詰め、製品の発送を行ってきました。
今、彼は最初の夏に向けて畑にいます。 「8 月は、主に花やその他の植物を集めて乾燥させています」と
Sanni さんは言います。

花の有効成分は、花がはじけたばかりのときに最も効果を発揮します。レモンバームなどの緑の植物の場合、
最適な採取時期は開花前です。その後、植物はふさふさと豊かになり、葉はまだ黄色に変わりません。


サンニは拾い集めの袋をベルトにつけて野原を歩きます。彼はほとんどの花を手で集め、茎から花を折り、
エッスのバッグに滑り込ませます。収穫量の多いイラクサは、夏に機械で3~4回脱穀します。
その後、サンニは花とハーブを乾燥させますが、これは思ったほど簡単ではありません。

 

女性とマリーゴールドの写真


これは植物が正しく収集され乾燥される方法です
収穫時期はフランシラ農園でのお祝いです


マリーゴールドはサンニのお気に入りの製品の1つ、フランシラのマリーゴールドクリームとマリーゴールドキャロット
フェイスオイルに使用されています。

収穫期の8月のサンニ・サルミネンのように、職場で美しくて酔わせるような香りの環境を持っている人はほとんどいません。

フランシラの24ヘクタールの畑は、収穫がすべての栄光の中で繁栄するにつれて、ハーブの豊かなカクテルの香りがします。
オレンジ色のマリーゴールドが咲き誇り、ピンクのエキナセア、黄色く歌う雷雨の花、ヒナギクに似たカモミールが咲いています。子供の頃からサンニのお気に入りである白いヤロウは、ここでは道路の側面よりも栄養豊富な土壌ではるかに高く成長します。

花の周りでは、花粉媒介者が祝い、ミツバチが嘆き悲しみ、イラクサの蝶が花から花へと羽ばたきます。膨大な数の開花植物がありますが、Sanniと同僚は毎日それらを集めています。正しい収集時間と乾燥は植物の有効成分に大きな役割を果たし、フランシラの製品を効果的にするので、それは正確な作業です。

乾燥植物の芸術

乾燥したマリーゴールドの写真

サンニはハメーンキュロのフランシラ農園の近くで、食用の有用な植物が常に庭で栽培されていた家で育ちました。過去数年間、彼はハメーンキロの自分の家に住んでいて、その庭に菜園、温室、花壇を作っています。夏には、園芸サウナやカシスの葉などのハーブや植物を乾燥させ、冬のティーカップや料理の調味料として使用します。家では、暗闇の中で内部の植物を乾燥させるだけで十分です。職場では、プロセスはより正確です。

収集後、植物や花は乾燥機に取り出されます。フランシラには2つの小さな乾燥キャビネットがあり、棚にはハーブが置かれて乾燥しています。より大きな乾燥機は数平方メートルの部屋で、暖かい空気が植物を回転させて乾燥させます。サンニは、植物がいつ完全に乾燥しているかを知ることは時々難しいと言います。すべての植物がマリーゴールドのように振る舞うわけではなく、乾燥すると手の中でカチッと音を立てて崩れます。

「どの植物もユニークです。マリーゴールドは通常数日で乾きますが、今年はもっと時間がかかりました。湿度は明らかに高くなっています」と、サンニ氏。「乾燥は手で丁寧に確認しなければなりません。植物が袋の中に少し湿っていると、カビが生えてしまう可能性があります。

サンニは、フランツラ農園の耕作を担当するタパニ・アホラとプランテーションを管理するヴァロ・コルミエから仕事を教えられてきました。サンニの意見では、自然の中で働き、素敵な同僚を持つことは仕事の最高の部分です。

 

冷凍庫での最後の仕上げ

女性の手とマリーゴールドの写真

植物が乾燥した後、それらは冷凍庫でさらに2週間後に袋に入れられます。

この工程で、植物に存在する可能性のあるすべての昆虫は確実に死ぬでしょう。

マリーゴールドは室温で色が消えるので、常に冷凍庫に保管されています。

乾燥プロセスの間、植物はより小さく、より緻密になる。

イラクサでいっぱいのトレーラーは、10個の袋に乾いた状態で収まることができます。

凍結後、植物は農場のホールに貯蔵のために出発し、そこからスクリーニングおよび粉砕後、抽出のために工場に送ります。したがって、それらの純度と最高の品質が保証されています。

 

作物の再生とは

作物の再生とは


再生可能な農業、つまり炭素農業では、二酸化炭素は土壌に閉じ込められます。 最も重要なことは、土地をできるだけ変更しないことです。
継続的な深耕は、土壌微生物を表面にもたらし、太陽によって破壊されます。 生きている土壌はやせ細り、二酸化炭素を放出します。
そのため、畑を植物で覆うことが重要です。裸地は太陽にさらされず、雨で栄養素が失われません。


また、干し草グリーン施肥*で土壌を改良し、バイオマスを微生物の餌や良い土壌に変えています。また、穀物畑に収穫作物を蒔いているので、秋になっても畑がむき出しにならないようにしています。私たちの畑は約95%が植物で覆われています。小規模植生の管理など、畑外でもさまざまな方法で生物多様性を推進しています。輪作*と無農薬農業は、私たちの農業原則の重要な部分です。 

*作物の生育をよくし収量を増加させることを目的として肥料を施すこと
*同じ土地に別の性質のいくつかの種類の農作物を何年かに1回のサイクルで作っていく方法

④収穫籠をもった男性の写真

私たちの目標は、土壌を貧困化するのではなく、豊かにする方法で耕作することで、人間と昆虫の両方が繁栄する繁栄した生態系を作りたいと考えています。

炭素農業は、土壌構造を改善し、生物多様性を高め、浸食を防ぎ、気候変動と戦うと同時に、より高い収量とより栄養豊富な植物を可能にし、特に効果的で植物治療的に活性な成分を提供し、製品の原材料として使用します。 

フランシラ取締役会長ジュピター・コーミエ氏
フランシラ取締役会長ジュピター・コーミエ氏
プランテーションを管理するヴァロ・コーミエ氏
プランテーションを管理するヴァロ・コーミエ氏

Virpiの長男ジュピターと次男のヴァロとフランシラの栽培を担当するタパニ・アホラは、土壌を改善する様々な永久凍土と緑の肥料を開発しました。

例えば、マリーゴールドはフランシラ製品を作るためにのみ使用されますが、茎と葉は粉砕され、土壌を豊かにするために植物床に広がります。


~あなたが与えるとき、あなたはまた自分自身を得る~

再生農業、または炭素農業は、毎年土壌をより良くする、すなわち、その目標は維持するだけでなく改善することであるし、取る代わりに与えることでもある。
「私たちは、誰もがうまくやっている自然との関係で生きることができるという点で、模範を示したいのです」同時に、それはより広いアイデアについてです。

「機能しているすべての関係は相互主義に基づいています」
例えば、ミツバチに蜜を与えると同時に受粉する花を育てます。
あなたが与えるとき、繁栄を創造し、同時にあなたは自分自身を得ることが出来ます。

仕事上の関係は、ただ取ることだけにとどまりません。人生で最も重要なことは、自然と人々の両方を含む他者との相互作用、関係です」

「人間は自然の一部でもあり、生態系の一部でもあります。一人では繁栄することはできません。それは一緒に起こります。多様なエコシステムの一部として」

この春、自然の生態系に続く最初の森林庭園がフランシラにも設立されました。

私たちが育てるもの

葉っぱの写真

私たちは、製品に使用する20種類以上の野生の花やハーブを栽培しています。

栽培面積は約24ヘクタールで、そのうちハーブや野生の花の栽培面積は約3.5ヘクタールです。また、畑の外から様々なハーブや野生の花を集めており、それらを含め、品種数は30種類近くあります。
また、73ヘクタールの収集面積を持つ独自の有機林から収集する機会もあります。 

フランシラでは、イースター後の春に栽培が始まり、苗木が成長し、約20000の新しい植物が温室の種子から始まります。真夏までに、耕作地に苗を植えます。

 

畑の写真

私たちのハーブ畑は、開花時にミツバチ、マルハナバチ、蝶でいっぱいで、夏にすでに収穫を集め始め、収穫期間は秋まで続きます。 

再生農業で、私たちは繁栄を創造します。

*1ヘクタールは100メートル×100メートル=1000メートル
=300坪(畳2枚が1坪)

 

ページトップ

〒106-0031 東京都港区西麻布3-22-7 TEL: 03-5843-0960